mugi_choco’s blog

ビクトリーな6人を日々愛でる

『君が人生の時』

 

 

 

お久しぶりです!ちょこです。

 

『君が人生の時』0619,0624 in 新国立劇場

 

今回は(やっと)私が感じたあれやこれやを書き留めようと思います。(期末テストでずるずる引き延ばし)

 

最寄りの初台駅から直結してる国立劇場に足を踏み入れると、看板があちらこちらにあって、柱が沢山あって、なんか庭みたいな池があってとても興奮(田舎民)石造りが基調とされていてさすが国立。やっぱり舞台っていいな。私服選ぶ時に坂本くんの担当色要らないなぁなんて思って赤いスカートを履いていたのも束の間、2回目に行った時は一切意識してないのに青色のスカート履いてた。(自分が)怖い。中も厳粛した雰囲気というか例の私の好きな匂いがしました(匂いフェチ)。フライヤーゲットしていざ2階へ。TTTの時よりキャパは広いものの、いや、TTTが狭すぎたという方が正しいんだけど新劇も結構狭い。ここでの観劇は初めてだったから1階やオペラ劇場と比べられないのは残念だけど結構近い。通路挟んで左手側の席に着いていざ開演。

 

 

「君の夢は何?」

 

時代は第二次世界大戦が開戦した1939年。サンフランシスコの波止場にある「ニックの酒場」。西海岸っていうのが結構内容にも反映されてて、場面転換の時に遠くから船の汽笛の音が聴こえてきたり、のちのち海岸をドライブしたりする(回想)シーンがあったり。1939年10月のある日の昼下がりと夜、ニックの酒場で毎日のようにワインを嗜むジョー(坂本昌行)を見た(見てしまった)。何だろう、ダンディな男性っていうのかな。静かに、何かを背負っている風格、貫禄。ずっと座ってる。とにかく座ってる。ファンが期待してるその脚(の長さ)を早く見せておくれ。

「トム!」(正確には「トォム!!!」)と呼ばれて出てきた小柄な青年(橋本淳)はジョーの召し使い(?)所謂使いっパシリ。どこか抜けててお茶目。若いっていいなあ(    )「やあアニキ!!(元気?僕は元気!みたいな体操のお兄さんノリ)」憎めない役ってこういうキャラしてるよね。

そしてなんといってもニックの酒場の経営者ニック(丸山智己)!!!いやめっちゃ好き渋い男前。。。酔わせる声をしてらっしゃる、、自担である岡田准一出演映画「SP 野望編」でトラックの荷台の上であの格闘を見た時の衝撃よ、岡田さんに負けてなかったよ。

ビール注いでほしいよ(未成年)。

アメリカ合衆国って移民が多くてたくさんの人が居る多国籍国家だから、他にもいろんな人が居たなあ。性格や自分の持っているものの∞さ!酒場の端っこ(左端)にあった小さなステージでは世界に笑いを振りまきたい大きな夢を持ったお笑い人間ハリー(RON×Ⅱ)やお腹を空かせて仕事を探しにやってきたウィスリー(かみむら周平)が秘めた才能を発揮したりと見ていて飽きさせない場面展開。

なにより私が今回の舞台で期待していたのは、元宝塚歌劇団の方がいるということ!元とはいえ、あの有名で高雅で美しい宝塚の演技をこの目で見れる日が来るとは、、。予想よりも斜め上をいかれた。ケータイの画像でみた、始まる前のパンフレットで見た、笑顔が素敵で可愛らしい野々すみ花さんと別人だった。(当たり前ですねごめんなさい)舞台上では野々すみ花じゃない!役(キティデュヴァル)そのもの!立ち振る舞いや強い口調、泣き顔、儚さや美しさを兼ね備えたキティ。生物(なまもの)ってやっぱりいい!度も見たくなる!テレビじゃ味わえない至福の時がそこにはありました。

小見出しで書いたんだけど「君の夢は何?」っていうセリフはジョーがキティに言い放った言葉。キティの応えは「家庭」。結婚して子供を産んで大きなお屋敷に住んで大きな庭で本を読む。日常の囁かな幸せ。私ってめぐまれてるなぁって改めて思った。朝昼晩当たり前のようにご飯を食べて、夜は暖かい布団で寝ることが出来て、知識を身に付ける為に学校へも行ってる。朝ごはんまたこれ?あぁテストだるい学校だるい、って言ってる中で、温かいご飯を食べられない、戦地の朝目が覚めてまず思うことが「今日も生きててよかった」、学校そのものがなくて自分の住んでいる場所が世界地図のどこにあるかなんて分からない子供たちが居る中で、私ってすごい幸せなんだなって。すごく感謝。犠牲のものの中に私たちが居る現実を今の時代の人たちは少し軽視してるんじゃないか。今この瞬間が大切。夢を持つことは今生きる為に必要な事なのかもしれないって強く思った。私の夢は何だろう。やりたいこととは何だろう?改めて考える時期に今いるんだよなぁ。

そういえばキティの放った言葉で印象的なのがあった。ニックがキティを侮辱(?)するような言葉を投げかけると「このッ敗者野郎〜!!!!」って腹の底から怒鳴るシーン。これにはどんな意味があったんだろう?見方は様々だけどキティは「あたしのことを悪く言ったら許さないよ!」って念を推すように何回も言ってた。キティは貧乏で困窮していた自分を、自分よりもお金を持っていて人を見下すような発言をする人(=世界で苦しむ子供たちと反対に裕福でお金が有り余る富豪)を愚かだ、敗者だと思ったんだろうか。よく分からないです(語彙力皆無)小さい部屋で泣いているキティを「あの子、ちっちゃい子供みたいなんだ」とトム言っていたから思い浮かんだことなんだけどね。考え方は十人十色。

前半終わってちんぷんかんぷんだったけど後半見終わってストンと何かが腑に落ちた気がした。あと休憩時間の時、隣の隣くらいに座っていた女性の方が「坂本くんが椅子から立った時さ、クララが立った!並の驚きだったよねって言ってて笑いこらえるの必死だった。ぶいふぁん感性豊かかよ〜!!!

今回の舞台でロマンスカーデビューを果たしました。帰りの電車間に合わなかったらどうしよう感。ビビリ感やばかったです。無事に千秋楽も終えて、キャストの皆さん本当にお疲れ様でした!!!またニックの酒場がやってる日には是非足を運びたいです。

キティとトムに幸せれ〜!!!!!(橋本淳くんのインスタで悶絶した民)

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

ちょこ

需要と供給

 

こんにちはこんばんはちょこです。

GWの課題すら進めていないくせに、暇でもないくせに、久しぶりにこのブログを更新してみます。少しの間ですが私の独り言にお付き合い下さい。

 

さっそく本題

 

アルバム発売&コンサートツアー決定おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

待ってましたこの時を!V6ファンが待っていた!その日はたまたま横浜に遠足中で、とあるビルのフードコートでリア友(坂本担)と手を握りあって叫んじゃいましたよスミマセンでした。もう一人のリア友(岡田担)に冷たい目で見られましたええ。決してVオタの子のみで遠足行ったわけじゃないんです(そんなことどうでもいい。)ていうかなんですかシングルのシークレット(?)でアルバム&ツアー発表ってやってくれましたねavexさんカッコよすぎか。TwitterのリプでもLINEでも、V6ファンの子と話す時には必ず「そろそろ(今年は)ライブやってくれるよね??」「やってくれるでしょじゃなきゃ禿げる」「ツアーあったら会おうね」なんて会話を何度交わしたことか…。健ラヂ聴いててもにこ健見てても焦らしに焦らされよく耐えた。唯一の栄養ドリンク飲み干しそうだった。自分を褒めたい低脳ジャニオタ。2年ほど前、アニバコン終わりからファンも増え始めて需要と供給が間に合わないなぁと従姉妹とぼさいていたのが懐かしい。ジャニショは1年に3回以上は行ってたけど全く写真という名の花園は品種を変えないし、他のグループの勢力範囲は拡大される一方で、更新されるペースも遅くて、置いていかれてる…?なんて何度も思ったりして。

ここへ来てなんだ

1年に1回出すか出さないかだったシングルが3月、5月と立て続けに発売された。なにこの短いスパン。私の走り幅跳びの飛躍距離より短いぞ。振り幅もすごい。2017年はV6にとって2015年とはまた違った改新の年となる予感しかない。ありがとうジャニーズ事務所。ありがとうavex

 

今回(5/3)発売された新曲「COLORS/太陽と月のこどもたち」は前作(3/15発売)の「Can't get enough/ハナヒラケ」と同じく両A面で発売された。前回はVR(ヴァーチャルリアリティ)盤というジャニーズ初の新しい試みを含め通常盤、A盤、B盤と四形態発売されたが、今回はVR盤を除く三形態とavexの通常の販売傾向だった。ここで問題視されているのがCD売上げの低下。前作「Can't get enough」の初日売上が9万8728枚。今作は5万8370枚。約4万枚も低下している。これは前回と違って三形態と種類が減ったことも原因の一つだと考えられるが他にもあるようだった。それは

CDを買わない(又は買えない)若年層のファン(主に中高生)が増加した    

ことも原因として挙げざるおえないと思う。もちろんCDを買う買わないは個人の自由だ。ツアーの為に貯めておく人もいれば何枚も買って友人に配ったりする人もいる。買えない人を責めるつもりなんて毛頭ない。お金に困っているファンやバイトが出来なくて買えない人も沢山いる。しかし、

そもそもファンの定義ってなんだろう?

テレビの前で応援する人だってファン。CDやグッズを買う人もファン。コンサートに行く人もファン。間接的にも直接的にも応援してるんだったら皆ファン。でも、

アイドルはお金を稼いでなんぼ。

ファンがお金を落とさないとシングル出せないしライブだってやってくれない。テレビにだって出てくれなくなってくる。お金を落として初めてそのアイドルの需要と供給が合致する。供給だけ高かったらのちのちそうなるのも当たり前。CDを買わなくてもファンだよって言う人沢山いるけど、私は少し違うと思う。

応援してあげてるんだったら応援してるよって意思表示しなきゃ。

その意思表示のひとつがCDを買うということに繋がってくると思う。

貴方の好きな彼らは貴方の前から姿を消す日もやってくる。

これだけは全てのファンに共通であって、意思表示をしないが為に応援することすら出来なくなってしまうかもしれない。そのことを忘れてはいけないと思うな。あと、買えないことを自分から威張る(と思われていても仕方ない)んじゃなくて少しでもファンである在り方を考えて行動してみたらいいんじゃないかなって思います。ファンレターを書く事だって、事務所にとっては利益にはならないけどファンとしての役割は果たせてるんじゃないかと。想いだってV6はしっかり受け取ってくれてると思うし。

なんかべらべら話しちゃったけど

決定事項は覆せない!!!!

2017年、予告通りアルバムとツアーよろしくお願いします!!!

その為に今はバイト人間になります!沢山貯めて沢山貢ぎます!勿論貯めてる最中でもV6へ投資するお金は惜しみなく!!逢えるまで頑張るからね!!詳細正座待機!!!

 

 

ここまで勢いで書いてしまいましたがあくまで私個人の主観であることが大前提なので一個人の感想としてふぅん程度で読んで頂けてたら幸いです。読んでいただきありがとうございました!!!!!!(今から追憶観てきます初めてのレイトショーどきわく!)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこ

『戸惑いの惑星』

 

 

新たな新境地へ

 

2017. 01.23 Mon 🌓 🌔 🌕

 

東京グローブ座にてトニセン主演舞台

戸惑いの惑星 』観劇してきました。


f:id:mugi_choco:20170126173705j:image

 

ここでは 会場の雰囲気と私が感じたことを

忘れないうちに書き留めていきます!

 

ネタバレ含むのでまだ観に行ってない!これから観に行く!という方は回れ右でお願いします。

 

 

――――――――――――――――――

 

 

誰もみたことのないような新しいモノを創る。

 

雑誌でリーダーが語っていた言葉を要約すとこうなります。一言で表すとすれば、何より驚きや哀しみ、楽しい!が沢山詰まっていた舞台でした。終わった後の充実感がすごい。脱力感、嗚呼、濃厚な2時間だった。

夜公演だったっていうのもあるのかなあ、夜って人の好奇心を高める気がする。(私の場合は、)夜行性なので夜の方がテンション上がるんだよね(知らない)

 

観ているこちらが頭を使って、考えて、目で見て感じて、出逢う。ひとつの感情のリミッターみたいなものが解放されて新しい発見がある、、。3人は今回の舞台でそれぞれ違った個性の持ったキャラクターを演じ、自らも手探りで掴んだこれまでの経験と知恵を思い切り爆発させてくれた。

 

それは、ただただ新しいモノを観た時に感じる戸惑いの連続。困惑。

いきなり楽器を演奏し始めたり、セリフを言った直後に自分でナレーションを入れたり。踊りながら役の想いを乗せて歌ったり目を見開いたり涙したり。

上手く言葉には表すことが出来ないけれど、とてつもなく凄いものをみたんだなっていう実感がすごくあります。

 

「最近戸惑うことってある??」

いのっち(ここでは多分まだいのっち)曰く、「気づいたら家に着いてること。」それわたしもあるある(笑)坂本くんは「占い。」長野くんは「星を見ている時。」宇宙の果てってどうなってるんだろう?雑学沢山話してくれました。勉強になった。わたしも宇宙の外ってどうなってるのかな?って考えることあるな〜。そもそも今住んでる星って外から見たらちっぽけなものだよね。宇宙は創られたものなのか?などなど。

最近新しい惑星が発見されたみたいで!未だに戸惑ってる私はまだ戸惑いの惑星から抜け出せてない気もする(笑)もしかして今、はせっちの小説の中にいるかもしれない。

 

今回の舞台のために書き下ろされた新曲『 Change Your Distiny 』は3人の歌声が合わさってひとつの声になる。メッセージ性があって聴いていてとても心地が良かった。悲しい曲調なのに、歌詞(サビ)に「You can change」「未来を変えよう」など前向きで希望を求めてる。トニセンの目線が熱い。今でも胸に染み渡る歌声と会場全体を包み込む演奏が頭から離れない!!自然と涙が止まらない。目がジャグジー。ぜひアルバムに収録してください!(笑)

 

~STORY~

長谷川(井ノ原快彦)通称:はせっちは高校の頃からの夢であった小説家を目指していたがどこの出版社にも採用されずにいた。夢を諦め手紙の代筆屋をしていたが、ある日初恋の相手が愛する人への紙を書いてほしいと長谷川を訪れる。

由利(長野博)は幼い頃に母親がスプーンを曲げたことに衝撃を受け、大学は心理学部へ進学。予算がなかなかおりず躓く由利を妹は応援していた。

三池(坂本昌行)通称:ミケランジェロ画家として修行を積みながら、似顔絵描きをしていた。ある日とあるバーで一人の女性と恋に落ちる。

 

簡潔に言うと、それぞれ3人に関わる女性は全て同一人物だった!!

その女性を3人は意図もそこにいるかのように演じていて、思わず女性が出てこないかと目を疑った!何より想いが強いせいか坂本くんの声が大きくなればなるほど胸が高鳴った。

最後にはせっちが熱弁するシーンで全ての謎は解けていきます。ここでも号泣。勢いに身がのまれてあまり覚えてない。

ここのシーンすごく好き。バーの店員さんの衣装素敵。

 

白黒1000円、色つきで3000円

三池が似顔絵を描いてもらいに来る客に必ず言っていた言葉は、さり気なさを兼ね備えつつも、売れない自分に対する諦めも含んでいるように感じて印象的だった。

お客さんに描いた絵をパッと見せた時、あまりの独性さに驚きと鳥肌が。まさにその人を描いてるというより、その人の中にある化身、もう1人の人を描いてるみたいだった。

 

なんの曲だったかな、覚えてる方に教えていただきたいのが夫婦が2人で歌ってた曲。あの時2人に釘付けで流れてる曲がその場の空気のように感じたから薄らとしか覚えてない始末。2人で熱い目で見つめあって、密着!夫婦!!!!!!!最高!!!!!!ありがとう!!!!!!

 

これまた感動というか、舞台を普段観ない私が驚かせられっぱなしだったのは生演奏といっても、BGM程度の演奏が多かったのが印象的。トニセンの曲はたくさんアレンジが

加えられていて心地の良い演奏だった。待ち望んでいた「不惑」は二番の歌詞から歌い始めてたから、あれっ?て思ったけど素晴らしかったから言葉も出ない。生不惑

3人のボルテージが高まるにつれて演奏の迫力と甘美が増して、頭にインプットされる。トニセンの曲って、こんなに舞台に合うんだ!!舞台の内容に合った曲を選んで歌うというよりは、曲が舞台に合っているから全く不自然なくて見とれていたら最後まであっという間。私的には「ちぎれた翼」が頭から離れない。サビの直前部分で一瞬の静けさがあって、「すぅっ」と息を吸う音。解放される声と共に天を仰ぎ歌う3人。嗚呼、、()

 

耳が割れるような、水が宇宙から地球へ滴り落ちるような、水面下から聴こえてくるような音。あのドアの向こうには、何があるんだろう?さあ!開けるんだ!!!(的なニュアンス)の由利さん(笑)怯えるミケランジェロ(笑)あそこのノリは楽しかった。怯える坂本くんと開き直る長野くんが見えた。リアルに。

 

Dahlia」では3人の楽器演奏。楽しくてつい一緒に歌っちゃいました(小声で)

一緒に観た友人(吹奏楽部)によると長野くんが吹いていた楽器ホルンはギネスブックに載るほど吹くのが難しい楽器だそう。驚き。ただでさえ毎日忙しい中、稽古の時間も十分には取れない中、最後まで吹ききったその努力に完敗。私が観劇したのは開演日から3日目だったため、この後何回も公演を重ねるにつれてどんどん上手くなっていくんだろうなあっていう親心芽生えました。(元々芽生えてた)

 

どんな形であれ、吹くのが上手い下手ではないよね。吹くことで伝わる何かがあるか。伝えるお仕事って、そういうものだと思いました。

 

ミュージカルでもコンサートでもない、新感覚のエンターテインメント。今回の舞台でトニセン、G2さんが伝えたいことは何だろう?出た答えが、トニセンは新しいことにたくさん挑戦してるよ!常に新しいモノを発信したい!っていうことなのかもしれないなと帰る電車の中で余韻に浸りながら考えました。後からパンフレット見たら坂本くんがそんなニュアンスな事言ってた。 

トニセンって凄いなあ、と改めて感じた。まだまだ彼らの魅力は無限大。不惑になっても現役バリバリでジャニーズをこれから引っ張っていく存在 

そんなかっこいいトニセンに出会わせてくれた全ての人に感謝と敬意を込めて。そして、これからもV6というグループを応援できる喜びと一途な想いを馳せて。早くコンサートやってくださいね。今年はやる年ですよ?(2年に1回の年)

ちなみにここ強調しておきたいんですが、 グローブ座の独特な香り大好きです(匂いフェチ)

 

 

 

 ではまた👋

 

 

ちょこ

 

 

 

追記:読んでくださってありがとうございます。あくまで私が観た感想ですので、見に行ってない、見に行けない方からしたら捉え方は様々だと思います。どうぞ暖かい目で流していただけたら嬉しいです。最後までありがとうございました。